· 

いつまでも元気に自分の脚で歩けるように・・・。

8月26日(月)にリハビリスタッフによる、

社内勉強会を行いました。

 

テーマは、

「慢性痛とケガ予防のための運動療法」

 

よく医師やリハビリ職や看護師から

 

「体力をつけるために運動しましょう!」

と提案されるケースがあると思います。

 

でも、

個人によって、年齢や体力も違うし、

 

一言に運動と言っても、

どんな運動?

それくらい続ければいいの?

 

痛みを増さない程度ってどれくらい?

 

 

運動量は少なすぎても、多すぎても

ケガに繋がってしまう・・・。

 

 

などなど、

その人に合わせた運動って見極めが難しいものです。。

 

 

そのようなお悩みを解決するための

専門職による情報共有です。

 

 

 

健康的な生活習慣を維持するためには、

日ごろの生活習慣が重要です。

 

 

もし、リハビリスタッフと看護が

根拠のある「運動療法」についての知識共有できたら

利用者さまにとっても、

いつまでも若々しく、

元気に自分の脚で歩ける生活が続く確率は上がるはず。

 

 

微力でも地域の皆様の健康寿命が延びたらという想いで、

社内勉強会を行いました。