卒業

今年度、春から皮膚・排泄ケア認定看護師を目指し進学。

先日、無事に認定看護師教育課程を卒業し、

現場へ復帰しています!

 

当ステーション(以下、なごみ)と家族の

理解と協力を頂きながら、

約8か月間、現場を離れ学業に専念できました。

おかげで修了試験も無事に突破できました。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師を目指すキッカケは、 2つありました。

 

1つは 病棟看護師の頃に出会った WOC看護師さんの影響でした。

「年数が経っても経験則で看護をするのではなく、

根拠のあるアセスメントと技術で看護をしたい」という

考えに同感しました。

 

2つめは 訪問看護をして毎日感じるのが

皮膚・排泄ケア領域の患者さんが多いことでした。

病院の患者さんは認定看護師がケアできます。

 

それならば、

在宅患者さんへも同じように質の高いケアをしたいと思いました。

 

まだまだ訪問看護師が認定看護師を取得するのは

メジャーではありません。

 

スタッフ数の問題やお金の問題、施設規模の問題など…

 

 

その点、なごみは管理者をはじめ、

スタッフが快く私を送り出してくれたことに

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからは、リソースナースとして、

 

なごみスタッフとともに、

 

地域の多職種とともに、

 

患者さん、

 

家族とともに、

 

安心して在宅療養できるケアや知識を 還元していきます。

 

 

こちらのブログには(不定期になりますが)

これから認定看護師になるまでの道のりや活動を

お伝えしていきたいと思います。