1.なごみ訪問看護ステーションの方針

 

本ステーションでは現在の状況下にあっても、できる限り通常どおりの訪問看護サービスを提供したいと考えています。しかしその際、ご利用者やご家族の皆様が新型コロナウイルス感染症にかかる可能性や訪問看護を行うスタッフがかかる可能性を想定した対応をします。

 

1)スタッフ全員、毎日体調確認を行います。37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、だるさといった症状が少しでもある場合は、新型コロナウイルス感染症の診断がつかなくても自宅待機とします。

2)スタッフの家族に発熱等の症状がある場合も同様に、症状が治まるまでの間は自宅待機とします。

3)研修会を含め、多くの人が集まる会への参加はしません。必要時は、感染予防対策を行います。

4)感染拡大や、学校等の休校により、出勤困難なスタッフが増えた場合、状態が安定されている方には訪問回数を減らすなどのご相談をさせていただきます。また、担当スタッフ以外の者が、代わりに訪問する場合もあります。

5)スタッフは訪問時、手洗いを徹底しマスク着用で、場合によってはディスポーサブルエプロンを着用することもあります。

6)訪問前後、事務所帰宅後のアルコールによる手指消毒、うがいの徹底

7)事務所内でのマスク着用の徹底

8)事務所内での手指消毒、換気、1日3回の掃除・アルコールによる除菌の徹底

9)店舗間の移動は、スタッフ同士の接触回避の為、原則行っておりません。

  又、自宅から直行直帰としています。

 

 

2.ご利用者・ご家族様へのお願い

 

1)スタッフは、訪問前にご利用者様・ご家族様が発熱等の症状がないか、確認をさせていただきます。

2)ご利用者様が新型コロナウイルス感染症を疑われた場合は、主治医と相談し対応させていただき ます。他のご利用者へのウイルス感染を予防するため、病状によっては訪問看護を中止させていただくか、訪問を1 日の最後の時間に変更させていただくことがあります。

3)ご家族様に発熱等の症状がある場合は、スタッフが訪問し、ご利用者様の看護やリハビリ等を実施している間は、別室にて待機してくださいますようお願いいたします。

4)急遽、訪問頻度や訪問日時、担当者の変更をお願いすることがあります。

5)厚生労働省作成の別紙「感染症対策へのご協力をお願いします」等をご参考にしていただき、ご 利用者様・ご家族様も手洗いや咳エチケットを行い、マスクを着用していただくことをお願いします。

6)情報共有、連携についてはお時間を頂戴することがあります。