回復期病院、精神科での経験を経て訪問リハビリの仕事につきました。

訪問リハビリでは、主に在宅での生活に直接関わっていきます。

在宅生活の中で利用者様がその人らしい生活ができるように、リハビリを通し利用者様のやりたいという思いのお手伝いが出来ることがとても魅力的です。

病院では見ることのできなかった、在宅生活の中で生き生きと暮らされている利用者様の姿を見れた時はとても嬉しく思います。

訪問リハビリでは、小児や難病、終末期など様々な疾患や年齢の方がいます。

なごみの特徴として、認定の資格を持っている看護師、PTOTSTが揃っており疑問や不安点、困難な事例に関しては先輩方がしっかりフォローしてくださり、適宜アドバイスをもらうことができます。

また、職場内は和気あいあいと賑やかだったり、黙々と仕事をしたりとメリハリのある雰囲気でスタッフ間でのコミュニケーションも多いので、気軽に相談ができる環境が整っていると感じます。

初めて訪問に関わる方も安心して訪問を行うことができると思いますので、ぜひ訪問に興味のある方は見学にいらしてみてください。


急性期病院での勤務を経てなごみへ入職しました。

病院から退院・転院された方々の在宅での暮らしに関わりたく、訪問看護の仕事を選びました。

在宅では、個々の療養環境や介護体制は様々です。

看護スタッフのみならず、PT、OT、STとも密に連携を取り、利用者様一人ひとりのニーズに合ったケアを多方面から考えられることが、なごみの強みだと感じています。

また、現在私はなごみへの入職と同時に大学機関にてグリーフケアを学んでいます。平日業務後と休日に授業受講しています。職場では、日々の業務の他、オンコールも担当しています。周囲の理解や協力があり、授業日以外にオンコールを持つことで、学業と両立することができています。大変さはありますが、やりがいを感じることができています。

現在学んでいるグリーフケアを直ぐに実践にうつすことは難しいところもありますが、一人一人の利用者さまと丁寧に関わることができています。

これから学んだことを少しずつ実践に生かしていきたいと思います